<ザ・キング>ハ・ジウォン - イ・スンギ、船上で "ベクターマン"変身?

画像


<ザ・キング2hearts >ハ•ジウォンとイ•スンギが決意に満ちた"夫唱妇随ベクターマン"ポーズを披露して視線を集中させている。
来る3日に放送されるMBC水木ドラマ"ザ・キング2hearts>(脚本ホン・ジナ、演出イ•ジェギュ/製作キム•ジョンハクプロダクション)14話、ハ•ジウォンとイ•スンギは、高速船の上でWOC南北単一チームの役人の服を着たまま並んで腕組みをした姿勢を披露する。去る13話放送分でハ•ジウォンとイ•スンギは、二人の婚約をかけWOC(世界の役人大会)に南北単一チームに参加することにした状態。
しかし、最初の相手国として過去の大会WOC優勝国である米国を引き当てる危機に直面し、順調でない未来を予告した。
何よりもハ•ジウォンとイ•スンギは、船の上で腕組みをしたまま決然とした姿を見せながらも、恐怖に満ちた顔で肩を抱きしめつかむ緊張感を表現しているなど、様々なポーズでリアルな感情演技を披露した。南北単一チームがアメリカを相手にした試合で敗れることにすれば、二人の愛が完成することができないという点でより一層心気遣うしかない心理状態をリアルに表わしていること。
さすがにハ•ジウォンとイ•スンギが、米国チームとの対決で勝利をおさめ 愛の結実を結ぶことができるか、それともまたしても切ない別れの痛みを感じるようになるのか、成り行きが注目されている。ハ•ジウォンとイ•スンギの"ベクターマン"ポーズのシーンは去る1日、仁川(インチョン)ドクジョクドの近くで撮影が行われた。二人は船の上に乗ってすぐ涼しい潮風に気持ちのいい表情と笑顔を精一杯作って出して撮影会場の雰囲気を温かくした。二人は窮屈な撮影スケジュールの早朝から始まったつらい撮影にもかかわらずお互いに話をしたり一緒に笑いを入れて撮影現場をリードしているという裏話。
特にハ•ジウォンとイ•スンギは、船が遠くから入ってくる場面を撮影するという事実を知った後、腕挟まれた"ベクターマン"ポーズをその場で作ったということだ。
"夫唱婦随"呼吸を現わすように同じポーズをしたまま、深刻な表情を浮かべた二人のために撮影場がひとしきり笑いの海になったという話だ。
また、イ•スンギは特有のコミカルさを遺憾なく発揮して機知に富んだ演技を継続してスタッフたちを腹取るようにした。イ•スンギが劇中の設定上震える心を静めするために、ハ•ジウォンの肩を握って"どうしよう。アメリカだ"とセリフを聞かせてハ•ジウォンの笑いがパ~ンとさく烈したもの。
続いてハ•ジウォンがイ•スンギの顔を見合わせるだけでずっと笑いが出てくる風に和気あいあいとした雰囲気が続いたという話だ。
製作会社キム•ジョンハクプロダクション側は"ハ•ジウォンとイ•スンギがWOCで米国と戦いながら、もう一回ドラマではなかなか見られなかった派手なアクションと頭脳ゲームを描いて私になる予定だ"と言いながら" WOCの試合を通じて彼らが披露する感動的な反転ストーリーとユン・ジェムンのきっ抗した気力の戦いを期待してくれ"と明らかにした。<ザ・キング2hearts> 14話の予告編では、WOC相手国のくじでイ•スンギが、米国を選ぶことになったのがユン・ゼムンが事前に立てていた計略であることが明らかになって二人の火花対立を予告した。
イ•スンギは、ハ•ジウォンとの婚約のために何とかWOCトーナメント2回戦まで通過する必要がありましたが1回戦相手国に軍事最強国の米国を選ぶことになった状況。
さすがにハ•ジウォンとイ•スンギは、WOC、前回大会優勝国である米国を相手にどんな試合を繰り広げることになるのか、二人はアメリカに勝ち、見事に従事してゴールインすることになるのか関心が集中している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)