イ・スンギ、涙の『強心臓』ラスト

画像

‘強心臓’で降板するイ・スンギが結局涙を見せた。写真=SBS放送キャプチャー

イ・スンギ強心臓涙の降板“私はこれくらいにして退きます”
‘強心臓’で降板するイ・スンギが結局涙を見せた。

3日放送されたSBS ‘強心臓’が‘YGスペシャル’で作られた中でMCイ・スンギの最後の進行が電波に乗った。
この日トーク王で選ばれたセブンは“最後の放送人イ・スンギの所感を聞いてみなければならないようだ”と話した後、花束とトロフィーをイ・スンギに抱かせた。

これにイ・スンギは“ゲストの方々が常に主人公なのに私がこの位置に立つことになって恥ずかしい”として話し始めた。

引き続き彼は“初めて、私が果たしてできるかという思いで、自信なかったがすでに2年6ヶ月という時間が過ぎた”として“私が上手に出来たことは‘強心臓’家族らと最高のゲストのおかげだった”と謙そんを見せた。

また、イ・スンギは“一緒に始めたホドン兄さんに会いたい”という言及と共にそれに対する懐かしさを表わした。

イ・スンギは“突然の単独MC職を揺れないように助けた多くの人々と何より強心臓を愛された視聴者皆さんに感謝申し上げる。 私はこれくらいにして退く”として最後の挨拶を伝えた。

‘最後のダンスタイム’までも愉快だったように見えたイ・スンギだったが、その間彼が活躍した編集映像が流れ出るとすぐに離別を実感したのかこらえた涙を放った。

ドラマ出演と日本活動などの理由で降板することになったイ・スンギの空席はシン・ドンヨプとイ・ドンウクが満たす予定だ。

毎経ドットコムMKスポーツ イ・ナレ記者
画像


イ・スンギ、涙のダンス リリースして"グッバイ強心臓"

イ・スンギが強心臓最後の録画を終えたイ・スンギが結局涙を流した。

2009年'強心臓'初放送の時から'強心臓' MC席を守ってきたイ・スンギが3日放送を最後に強心臓主人席から退いた。

この日放送の強心臓を占めたセブンはイ・スンギがトロフィーと花束を渡すとすぐに"今日これを受けなければならない人は私でなくイ・スンギ氏"として花束をあげて最後の録画をむかえたイ・スンギを慰めた。

イ・スンギは"常に多くの方々が共に助けてくださってずっとMCができた"としながらレギュラー・ゲストらと強心臓スタッフらに対して感謝の挨拶をした。

また"会いたい、ホドン兄さんにも感謝する"と伝えて強心臓初放送からMCを一緒にしたカン・ホドンに対する有り難みも忘れなかった。

最後の録画の感慨にぬれていたイ・スンギはゲストらの"最後にダンス一度見せてくれ"という意地悪な要請にも笑ってイ・スンギ特有のダンスをプレゼントして最後まで視聴者たちに笑いをもあたえたし、今までMCとして活躍した映像を見て終わらせる涙を流して最後の録画を涙で飾った。

一方、この日YG特集で組んだSBS '強心臓'ではビッグバン、タブロー、サイ、クモ、2NE1等すべてのYG所属歌手が総出動して熱いトーク バトルを行った。

エクスポツニュス=放送演芸チーム イム・スジン記者

画像


イ・スンギ最後の強心臓で涙“拍手する時離れる”
イ・スンギが3日‘強心臓’ YGファミリー特集2弾を最後に2年6ヶ月間の長い旅行日程を終えた。

去る2009年10月初放送以後‘強心臓’を率いたイ・スンギが‘拍手する時’離れることになったこと。

イ・スンギは最後の放送で結局涙を隠すことができなかった。3日‘強心臓’でイ・スンギは“初めて放送した当時が思い出す”として“単独MCを引き受けながらも果たして上手に出来るか心配した”と目がしらを赤らめた。

引き続き“強心臓を3年近く進行した。これは強心臓家族らと最高のゲストのおかげで可能だった”と球を回した。

イ・スンギはまた“一緒に始めたカン・ホドンお兄さん見たい”として“(カン・ホドン降板後)単独MCを引き受ける時も揺れないように助けた多くの人々、製作スタッフ、ファンのみなさん感謝申し上げる。私はこれくらいにして退く”と終えた。

先立ってイ・スンギは“一人でプログラムを無理に導くのではないとのことで考えた。あいにく芸能降板時期とドラマ出演がかみ合わさったがドラマのために芸能を止めたのではない”と‘強心臓’降板に対する率直な心境を明らかにしたことがある。

一方イ・スンギが降板した‘強心臓’はシン・ドンヨプとイ・ドンウクがバトンを受け継いでMCを引き受ける。

ヘラルド新鮮ニュース/ onlinenews@heraldm.com

画像


イ・スンギ'強心臓'涙の中お別れ.."ホドン兄見たくて"

歌手イ・スンギが'強心臓' MCを降板してついに涙を見せた。

3日午後放送されたSBS '強心臓'はYGスペシャルで作られてビッグバン2NE1サイなどが総出動して強大な話し方を誇示した。 また、この日はMCイ・スンギの最後の放送でもあった。

イ・スンギは普段と同様に安らかで機転が利くリアクションを見せて放送を進行した。 放送末にトーク王で選ばれたセブンは"最後の放送人イ・スンギの所感を聞いてみなければならないようだ"としてイ・スンギにマイクを渡した。

イ・スンギは"ゲストの方が常に主人公なのにこのように立つことになって恥ずかしくて初めての瞬間が思い出される"として話し始めた。

彼は"MC提案を受けて私が果たしてできるか自らに対して自信なく始めたがいつのまにか3年近づけながら大韓民国最高のゲストの方が共にしてこの席までくることができた"として話した。

また"一緒にしたホドンがお兄さん見たくて単独MC引き受けながらも助けた製作スタッフとファンのみなさん、視聴者皆さんに感謝申し上げながらこれくらいにして退く"と付け加えた。

これに強心臓出演陣と製作スタッフはイ・スンギに花束を抱かせて彼の功績を高く評価したしイ・スンギは"これ芸能なのに"といいながらぎこちない笑いを見せた。
雰囲気が沈むとすぐにイ・スンギは隠したダンス実力まで発揮した。 引き続きイ・スンギは"私ではなくても新しいMCがよく引っ張っていかれることだ。 火曜日夜には強心臓たくさん愛してくれ"として要請を忘れなかった。

イ・スンギの所感が終わった後スタジオにはその間イ・スンギが活躍した放送画面が出て行ったしこれを見守ったイ・スンギはついに涙を見せた。

イ・スンギは去る2009年10月からカン・ホドンと共に'強心臓'の進行を引き受けた。 だが、昨年下半期カン・ホドンの予想できない引退宣言にイ・スンギは約5ヶ月間単独で'強心臓'を守ってきた。 彼はドラマ出演と日本活動などの二流で降板を決めた。

一方SBS '強心臓'の新しいMCはシン・ドンヨプとイ・ドンウクで確定した。


画像


イ・スンギ‘強心臓’最後、涙で挨拶“これくらいにして退きます”

イ・スンギが‘強心臓’を離れながら結局涙を見せた。

3日放送されたSBS ‘強心臓’を最後にMC席から退くことになったイ・スンギは“ゲストが主人公なのに私がこの位置に立って恥ずかしい”と話し始めた。

彼は“初めてこの位置に立った瞬間が思い出す。 自らに対する自信なく始めたが3年近く進行をした”として“強心臓家族らと最高のゲストのおかげで可能だった”と感謝の気持ちを伝えた。

プログラムの開始から昨年まで共に進行してきたカン・ホドンを言及して“お兄さんが見たい”と心を伝えて涙を見せた。 引き続きイ・スンギは“単独MCを引き受ける当時も揺れないように助けた多くの人々と製作スタッフ、ファンのみなさんに感謝する”として“私はこれくらいにして退く”と最後挨拶をした。

イ・スンギはドラマ出演と一緒に日本活動に専念するために強心臓を降板したと分かった。 後任MCでは俳優イ・ドンウクと放送人シン・ドンヨプが確定したし二人が進行する‘強心臓’は来る4月10日初めてデビューする。

経済トゥデイ チョ・へリョン記者

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス