新しい‘1泊2日’、ナPD・ジウォン・スンギの空席満たした

画像


[OSEN=ピョ・ジェミン記者]新しく新たに出た‘1泊2日’がナ・ヨンソクPD,ウン・ジウォン、イ・スンギの空席を賢明に満たしてさわやかな出発をした。

4日放送されたKBS 2TV ‘ハッピーサンデー-1泊2日’はキム・スンウ、オム・テウン、イ・スクン、チャ・テヒョン、ソン・シギョン、キム・ジョンミン、チュ・ウォンが一緒にする最初旅行が放送された。

5年間プログラムを導いたナ・ヨンソクPDとウン・ジウォン、イ・スンギの下車は明らかに大きい損失だった。 これがよく分かるので新しく化粧した‘1泊2日’は三人の空席を最小化するために努力した跡が明らかだった。
オープニングから新しいメンバーはわけも分からないまま引きずられて行ったし末っ子チュ・ウォンは兄たちと落ちる落伍を体験した。 また‘1泊2日’の象徴福不福も続いた。


画像


イ・スクンは“船でみんな横になって行くことができないではないか”としながらゲームを通じて2人だけ横になって行くことを提案した。 その結果キム・スンウ、イ・スクンは横になって行ったしチャ・テヒョン、オム・テウンは立って行った。 ソン・シギョン、チャ・テヒョンはまだ幸いに座って行った。

その間、演技だけ見せたキム・スンウは意欲過多に天井に頭を打ち込んだ。 また、弟らの代わりに自身だけ横になることができるようになるとすぐにイメージを破って軽く笑うなど予想外の笑いをプレゼントした。

イ・スンギの空席はソン・シギョンとチュ・ウォンが満たした。 イ・スンギの進行本能はソン・シギョンが引き受けたし可愛い末っ子のホダンらしいことはチュ・ウォンが横取りした。 ウン・ジウォンのごり押しと状況を突き抜けてみる洞察力はチャ・テヒョンがそっくり責任を負った。

最も大きく憂慮されたナ・ヨンソクPDの空席はチェ・ジェヒョンPDが初放送からメンバーらに屈辱にあいながら満たした。 チェ・ジェヒョンPDはことごとにナPDと比較にあいながらも屈せずメンバーらに苛酷にミッションを付与しながら笑いをプレゼントした。

jmpyo@osen.co.kr

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0