1N2D ナPDの記事より

画像

4年7ヶ月の間を演出したKBS2 TV "ハッピーサンデー-1泊2日>のコーナーを降板したナ•ヨンソクPDは、個人的な1泊2日のお勧め観光スポットと江原道を選んだ。|グォンホウク先任記者

ナ•ヨンソクPD "放送最終日の朝、編集、テープ渡す時に胸が痛かった

1泊2日"終わったナ•ヨンソクPD

4年7カ月間放送されたKBS2 TV "1泊2日>でイ•スンギは、20代の半分を過ごした。<ギャグコンサート>での認知度を得た芸能初心者イ•スグンは、トップクラスの芸能人になった。キム•ジョンミンは公益勤務要員として服務してからも、プログラムに戻ることができたし、アイドルグループのリーダーだったウン•ジウォンは、一家の家長になった。
KBS2 TV "ハッピーサンデー-1泊2日>で育ったのは出演者だけではなかった。彼らと野生を共にしてきた演出ナ•ヨンソクPD(36)も"リアルバラエティー"の真髄に一歩近付いた。ナPDは去る26日に放送された全北井邑編を最後に演出者の座をチェ・ジェヒョンPDに譲った。最後の放送直後の27日、ソウル汝矣島KBS新館で会ったナPDは、多少ぼんやりした表情だったが軽快さを見せた。 "最後の放送ですか?編集をしながら数百回は見ていた場面だから淡々としました。むしろ放送当日の朝に最終的な編集テープを渡す時胸が痛かった。編集が終わって、技術監督と二人だけ残った時いつもお話をしない方が「'苦労した。ご苦労様」とおっしゃってくださって感情がこみ上げてきました。


画像


<1泊2日>は、2007年8月忠北永同で錨をあげた。前作<준비됐어요>(準備されました)の主要メンバーであったカン•ホドンとウン•ジウォン、イ•スグン、キム•ジョンミンがもう一度意気投合した作品だった。
序盤のメンバー、ジ・サングリョルとノ•ホンチョルが、それぞれのスケジュールのために抜けて、キムC、MCモン、イ•スンギなどが新たに投入された。その後カン•ホドンが引退を宣言した昨年9月までに"国民芸能"という称号を得るほどに上昇の一途をかけた。 "元々は田舎で男たちが、"転がり"のプログラムを考えました。モンペも着て、着肉体労働もして...、そこに旅行という要素が追加され福不福コードを入れて楽しさを与えました。
最初は一応どうなるか分からず、何となく行ったんです。メンバーらはみな目を留めた人たちでした。ウン•ジウォンは気が乗らなければ、言動に誠意がないが、好きなところでは、目を光らせる姿が独特だったし、イ•スンギは善良な印象、イ•スグンは、発展の可能性を見たんです。


画像


" プログラムは、5年の平均視聴率が20%を超える人気を得た。三回にわたって行われた"視聴者ツアー"は、100万人の申請者が集まるお祭りになった。撮影地誘致しようとする地方自治団体の競争も熾烈だった。 "時々上の方々にもお願いが行ったようだが、"私たちも手を出せない"と事情を話してくれました。依頼を受けて旅行先を決めませんでした。
決まった後に自治体の観光プロモーション課連絡をしました。撮影をしてみるとその方たちと絆が続きました。その方たちが見せてあげたい場所と私達が行きたい場所が合わない場合は、衝突も生じ10回戦って11回にしているし、最終的に情が積もるコースです。特に寧越郡注射様がたくさん助けてくれました。" 一緒に苦労したスタッフに感謝の気持ちは言葉にできないほどだ。"PDだけで、うまくいけば중박은出すことができますが、国民の芸能<1泊2日>のような成果を出すプログラムを作成するには、70人余りのスタッフが渾身の力を尽くさなければです。前の演出家として大きな幸運を得た人ですよ。 " 調べてみる人が増えてきた風に、匿名の日常を楽しむことができなくなったという点は<1泊2日>は彼に残した"個人的ジレンマ"だ。 "近いうちに旅に出ます。以前にキムC兄が、ドイツに出かけた時よかったようでした。
何せずしばらくいて突然、やりたいことが出来ればそれが本当にしたいことですね。
私もそのように時間を過ごしてみれば、私の心がどこかに流れるでしょう。 "

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0