KBS2「1泊2日」シーズン1、視聴率24%で終了

画像


これまで4年半の間、週末テレビ劇場最高の人気番組として君臨していた韓国KBS2TV「ハッピーサンデー‐1泊2日」シーズン1が、4年半の旅を終えて去る26日に幕を下ろした。


 最終回の視聴率は24%で、この日放送されたバラエティ番組の中で最高記録だった。


 最終回ではイ・スンギ、イ・スグン、ウン・ジウォン、キム・ジョンミン、オム・テウンなど5人のメンバーが制作陣、視聴者と別れを惜しむ姿がカメラに収められた。


 また「最終回1泊2日」は全羅北道の井邑(チョンウプ)で進行され、メンバーらとこれまで出演した視聴者の代表らが共に楽しい時間を過ごした。


 しかし、彼らは翌日の朝、別れの時間が来ると必死にこらえていた涙を流し、名残惜しさを分け合った。


 2007年8月5日、忠北(チュンブク)永同(ヨンドン)からスタートした「1泊2日」は2009年から年間平均視聴率が25%を記録。2010年1月3日に放送された「酷寒期準備キャンプ2弾」は瞬間視聴率が45%まで上がるなど、過去4年間「国民バラエティ番組」として人気を博した。

画像


KBS「芸能大賞」で視聴者が選んだ最高の番組賞を3年連続受賞し、昨年は「芸能大賞」を受賞するなど、国民的バラエティ番組として成長。年間広告売上げは500億ウォン(約36億円)台と推定され、これはKBS芸能局1年の予算とほぼ同じ水準である。


 来月4日よりスタートする「1泊2日」シーズン2にでは、イ・スンギとウン・ジウォンが降板するため、新たにキム・スンウ、チャ・テヒョン、チュウォン、ソン・シギョンが合流する。


 一方、26日に放送された他のバラエティ番組の視聴率はKBS2「ギャグコンサート」22.3%、SBS「ランニングマン」18.1%、SBS「サバイバルオーディション K-POPスター」17.1%、KBS2「ハッピーサンデー‐男の資格」14.2%の順だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス