1N2D 最後の思い出旅行 ②

画像


'1泊2日'最後の旅行、思い出探して離れた離別旅行'涙がざあざあ'
[ティブイデイルリソン・ミギョン記者]最後旅行に出発した'1泊2日'メンバーが涙を見せた。

19日午後放送されたKBS2芸能プログラム'ハッピーサンデー-1泊2日'では五人のメンバーが広げる最後の思い出旅行1弾が公開された。

この日'1泊2日'メンバーは全北(チョンブク)、井邑(チョンウプ)で室内就寝と野外就寝がかかった'思い出ポロポロレース'を広げた。

彼らの最初のミッションは井邑(チョンウプ)の自慢40年になった酔い醒ましスープ専門店でイ・スクンの財布にある現金40万ウォンを全部使うこと。 これに'1泊2日'メンバーは30万ウォン分食べ物を夕方に出前を頼む作戦を組んでミッションに成功した。

引き続き二番目ミッションは思い出のケーブルカーに乗りながらクイズを解くこと。 これにウン・ジウォンと'1泊2日'メンバーは手ぶり足ことを総動員して時間内にやっとクイズを解いた。

三回目ミッションは劇場で映画が終わる前まで観客らにメンバーらの顔を見つけられないこと。 映画開始前劇場に入った'1泊2日'メンバーはあるいは観客が彼らを調べてみるか不安に思って映画鑑賞を始めた。
事実今回のミッションにはナ・ヨンソクPDが準備したびっくりイベントが隠れていた。 ナ・ヨンソクPDと製作スタッフは'1泊2日'最後の撮影を記念してびっくりイベントを準備したこと。

映画上映中突然スクリーンに火が消えて'1泊2日'製作スタッフはその間共に旅行したメンバーらの姿を現わした特別映像を準備してメンバーらをびっくりさせた。

去る5年間'1泊2日'と共にした思い出が流れ出るとすぐにキム・ジョンミンとイ・スクン、オム・テウンは涙を流して過ぎた日を追憶した。

びっくりイベントの最後に'1泊2日'メンバーは舞台に上がって涙混ざった所感を明らかにした。

先にイ・スクンは"とても多くの方々が苦労された。 前に出てくるメンバーらも応援する"と最後の撮影所感を伝えたし、イ・スンギは"撮影だと考えて見たことがない。 最後が実感が出ない。 さっそうと終わらせる"と話した。

引き続きウン・ジウォンは"駄々をこねて要領よくふるまってならず者同じ私を美しく見て下さって感謝する。 小学生ジウォンが小学校を卒業する気持ちだ。 もう少し成熟した姿見せて差し上げる"と念を押した。

また、キム・ジョンミンは"また戻った時受け入れたのも深く感謝申し上げるけれど"として"2年の間あまり荷が重かった。 メンバーらも監督様もそうでとても上手にしたいが止めなければならないのか悩んだ"と涙を流して内心を打ち明けた。

最後にオム・テウンは"他のメンバーは思い出が多いが私は相対的に少なくて悲しくなければどうするが考えたが悲しい。誠意が多く入ったようだ。 作品をしても1年を共にするのが容易でないんだけど。誠意多く入ったようだ"と話して涙を流した。

一方'1泊2日'シーズン2にはイ・スクン、オム・テウン、キム・ジョンミンをはじめとして新しいメンバーキム・スンウ、ソン・シギョン、チャ・テヒョン、チュ・ウォンが一緒にする。

[ティブイデイルリソン・ミギョン記者news@tvdaily.co.kr/写真=KBS2放送画面キャプチャー]


'1泊2日'最後の録画涙の海'ナPD涙流して頭落とし込んで'
画像

[ティブイデイルリイ・ソダム記者] ‘1泊2日’ 5年の間の時間が走馬灯のようにかすめた。
19日放送されたKBS2 ‘ハッピーサンデー-1泊2日’はオム・テウン、イ・スクン、ウン・ジウォン、キム・ジョンミン、イ・スンギ五メンバーが広げる全北(チョンブク)、井邑(チョンウプ)での最後の思い出旅行が描かれた。
この日‘1泊2日’メンバーはナ・ヨンソクPDのびっくりイベントで古くなった映画館で去る5年を振り返ってみる時間を持った。
画像

国民働き手で最高のMCになったイ・スクン、ホダン、イ・スンギ先生で人を笑わせるのに選手になったイ・スンギの姿が描かれた。

また、オム・ジョンファの弟(妹)オム・テウンで‘1泊2日’のオム・テウンが姿も登場した。 順どんとこれでない果敢に人を笑わせることができるオム・テウンの姿に映画館に一緒にしたファンたちは爆笑を放った。

‘1泊2日’元年メンバーで軍空白期後また戻ったキム・ジョンミンに製作スタッフは“芸能感は最近に帰ってきた”という字幕で笑いをかもし出した。
今と全く違った幼いウン・ジウォンの姿も公開された。 美男で始めて純粋なおとなでカン・ホドンの背中に背負われて自由だということを誇る小学生の姿に皆が爆笑を放った。

最後にカン・ホドンに対する内容も言及された。 製作スタッフは“そしてホドンは引退しました”という字幕を送りだした。 メンバーは涙を流して過ぎた日を回想した。

カウントダウンが終わってファンたちが共に呼んでくれる歌にメンバーはこれ以上話をつなぐことができなくて赤くなった目がしらを隠そうと努力した。 特にキム・ジョンミンはジャージャー涙をこぼした。

マイクを捉えたナ・ヨンソクPDまた、進行を継続することができなくて涙を流した。 ナ・ヨンソクPDは“さあ、私たちの素敵な...”としながらコメントを継続しようとしたが度々流れる涙は彼の会話の門を防いだ。

[ティブイデイルリイ・ソダム記者news@tvdaily.co.kr/写真=KBS2放送画面キャプチャー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0