1泊2日、カン・ホドンの空席とイ・スンギの代替席

カン・ホドンの下車以後、1泊2日の五メンバーはカン・ホドンの空席を埋めるための刻苦の努力を見せました。 これは普段よりさらに多く話してさらに多く動こうと努める姿につながったし、おかげで周辺の憂慮をぬぐって巡航しました。 そして今は約束された放映終了を目の前に置いていますね。 強力な第一人者であったカン・ホドンの空席は仕方なかったがそれでも最善を尽くす残されたメンバーらの努力は1泊2日の愛聴者にジーンとした感動を与えたし期待値を上回るこれらの姿に多くの激励が続きましたよ。
だが、シーズン2を目前にした時点でカン・ホドンの最も大きい空席は一度探ってみるだけのことはあります。 カン・ホドンの最も大きい個性は周辺を圧倒する強力なカリスマですが、これはチーム員らを一つに固まるようにする求心点になってくれましたよ。 今はこのような求心点の空席をイ・スンギが代っています。 イ・スンギは、カン・ホドンのあふれるパワーとは違うように柔軟な進行で私ディレクター式の芸能と調和を作り出して1泊2日を引っ張ってきましたが。 だが、チーム内で末っ子だと見るとメンバー全体を取りまとめるのは限界があります。 換言すれば不明瞭な状況で兄たちを促すのが難しいですね。
画像

昨日放送された歴史旅行2弾では景福宮(キョンボックン)旅行後持つようになった昼食場面から始まったんですけれど、ユ・ホンジュン教授は午後旅行のために一枚の手紙を残しました。 これは製作スタッフが準備したもう一つのミッションでしたよ、ところで新しいミッションを私ディレクターから伝え聞いたメンバーはまったく動くそぶりがなかったです。
単独で消えたユ・ホンジュン教授を置いて'ここらで私達でします' '私たちがなぜ必ず(教授様を)探すことと考えて下さい' '探さないよ' 'こちらにこられてと言いなさい'という等等不明瞭な状況がしばらく続きました。 芸能らしく笑いを誘発するのも必要だが、ミッションを面倒がる印象(引き上げ、人相)まで漂う散漫な状況は簡単に揺り動かされなかったです。 すぐにカン・ホドンの空席だったんですよ。 適当に笑って楽しみながらもとても緩まないでミッションを継続できるように芸能の流れをぐっとつかむ役割です。

画像

カン・ホドンを置いて、とても強圧的だ、声だけぎゃあぎゃあ怒鳴る、他のメンバーが一安心しないようにする等等の指摘もあったが、彼はメンバーらを統率して合わせるリーダーであり一番上の兄の役割を正確にやり遂げました。 永い歳月撮影とフォーマットに慣れてみるならば怠惰になり怠けるようになるのは人の常だと思いますが、このような時弟(妹)らを促して立て起こす一番上の兄の役割が惜しいのが現在のメンバー構成です。 雰囲気が散漫に流れる時イ・スンギが雰囲気をタジャブリョヘも限界を有するしかありません。 末っ子が兄たちを促すのは情緒上でも負担になることが事実ですね。 この日撮影が無薄着日帰りという事実に快哉を呼んだのが何時間前なのに、満腹感あふれる食事をし終えるとすぐにいつのまにか引き伸ばした雰囲気は多少惜しい大きな課題でした。
こういう雰囲気の中で私ディレクターが立ち上がって仲裁をしてイ・スンギが呼応しながらミッションはまた続いたんですけれど、新しいミッションの前で最も真剣に立ち向かうこれはイ・スンギしかなかったんですよ。 先週にも強烈な好奇心と学習への意志を見せたイ・スンギはユ教授が残した手紙を読むとすぐにミッション場所が宗廟であることを直ちに知るようになったんですけれど、イ・スンギをついて行ったウン・ジウォンとオム・テウンはおかげで漁夫の利で正解を受け付けましたよ。 誰が先に正解を当てたという質問にイ・スンギは一緒に当てたと話す謙遜も忘れなかったんですけれど、個人別にミッションを遂行する状況だと見るとイ・スンギは単独で行動しようとしたが二型はしばらくイ・スンギの両腕を必ず捕まえたまま置こうとしませんでした。

画像

ミッション遂行にあって度々イ・スンギに頼ろうとする習慣はすでになじむ場面ですね。 宗廟という正解を分かって場所を訪ねて行くだけなる状況でもイ・スンギはしばらく二型の集中監視を受けなければなりませんでした。 オム・テウンはイ・スンギが先に行くかジャンパー終わりを必ず捕まえてついて行く姿が滑稽に見えましたよ。 自ら単独でミッションをするという意志が不足するとみられました。
昼食で注文した食べ物をみな食べることができなくて、しばらく食堂に残っていなければならなかったイ・スクンとキム・ジョンミンも惜しい場面を演出しましたが。 イ・スクンは食べ物をみな食べなければならない状況で食べ物がとても多くて食べるのをあきらめてギャグ アドリブを飛ばして時間を過ごしていました。 そばで同盟を提案するキム・ジョンミンの意見も無視しましたよ。 キム・ジョンミンもすばやく食べてミッションに出るという意志よりはイ・スクンを待つ立場でした。 食べ物は食べないで話だけ引き伸ばして、ついに私ディレクターは'不満が何か'として出なければならなかったんですよ。 私ディレクターが正気になって状況はまた進行されることができましたよ。 カン・ホドンもなくてイ・スンギまでない状況でイ・スクンは、ミッションよりはギャグにだけ重点を置く姿でした。

画像

1泊2日は去る金曜日と土曜日にすでに最後の撮影を終わらせました。 もう既存メンバー中イ・スクン、キム・ジョンミン、オム・テウンが残ってシーズン2を導いていく計画です。 もうこれらはシーズン2で新規メンバーが頼らなければならない柱役割を遂行しなければならないと思いますが。 ところでこれらが1泊2日の最古参という位置だけを考えて最古参の役割を考えることができないならばカン・ホドンの空席とイ・スンギのビル席はより一層大きくなるほかはありません。 芸能の進行を導いていく役割とは概して距離が遠かったこれら3人衆を姿を見ればこのような憂慮がキ・ウマンではないようです。 カン・ホドンの空席とイ・スンギのビル席を今一度思い出させた昨日放送でした。



新発見!韓国ロード・バラエティ?『1泊2日』Vol.1 黒山島/安東編 [DVD]
エスピーオー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新発見!韓国ロード・バラエティ?『1泊2日』Vol.1 黒山島/安東編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


新発見!韓国ロード・バラエティ?『1泊2日』 Vol.2コリアンルート編 [DVD]
エスピーオー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新発見!韓国ロード・バラエティ?『1泊2日』 Vol.2コリアンルート編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0