イ・スンギ演芸対象2冠王..歓呼の声の確率は?

もしかしたらイ・スンギが演芸対象2冠王を達成する気炎を吐いて歓呼を突き出すかも知れないことだ。

イ・スンギが今年の一年KBSとSBS演芸対象の有力な対象候補で指定されている。 ひとまずKBSは公式発表した対象候補者リストにイ・スンギの名前を上げた。 イ・スンギはイ・ギョンギュ、ユ・ジェソク、シン・ドンヨプ、キム・ビョンマンなどそうそうたる芸能選手たちと肩を並べて堂々と対象候補に上がった。

SBSの場合、まだ対象候補者を別に発表しはしなかったがカン・ホドンが下車した'強心臓'を単独で導いてプログラムの人気を支えたという点で当然対象候補になることというのは放送関係者の展望だ。

画像


今年地上波3社の演芸対象は数年間継続してきたカン・ホドン、ユ・ジェソク二大山脈がこわれて果たして誰が対象トロフィーの主人公になるのかねらいが難しい状況だ。 ユ・ジェソクが3社を行き来して等しく活躍した中で最も有力な大賞受賞者で占われるのも事実だがかえってカン・ホドンとの2強構図がこわれながら他の候補者らにも受賞の機会が帰ることができないかと思う観測らも出てくる。 大きい起伏なしで着実に宣伝(善戦)したユ・ジェソクより今年の一年注目するほどの成果や活躍を見せたこれらにさらに高い点数が出てくることもできるという話だ。 例えばKBSの場合、キム・ビョンマン、イ・スンギなどに重さがあってSBSやはりイ・スンギの存在感が格別な状況だ。

イ・スンギは本業が芸能人ではないがかつて芸能版に飛び込んで今はそうそうたる選手たちと比べても遜色がないほど成長した段階だ。 とりわけ'厳親'フン男イメージおかげで老若男女誰にでも選んだ愛を受けていてマニア層が厚い点も彼の大賞受賞を占ってみるようにする。 PDらの間評判が良いのも彼の受賞の可能性を高める理由だ。

どうせ3社の対象候補らが混戦様相をかもしているならばイ・スンギに対象の光栄が帰るなということもない。 また、どの年よりも抜群の活躍を広げた一年だから彼の芸能界人生で芸能部門対象を乗ることができる、絶好の機会かもしれない。 単独でSBS '強心臓'を導いてKBS 2TV 'ハッピーサンデー-1泊2日' 5人体制の中心軸になっただけにプログラムに対する寄与度や功労(空路)は二言を要しない。

果たしてイ・スンギが2個の対象トロフィーを握る'幸運'を占められるか、奇跡の男になることができるのか成り行きが注目される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0